Plamo Linux 日記

Plamo Linux に関係することだけではなく,最近は一般的なコンピュータやガジェット関係についても記載してます.

今更ながら Xbox Series S の簡単なレビューでも

今更ながら Xbox Series S を購入してみたはなしでもしてみたいと思います.といっても実際に購入したのは発売直後なので,半年くらい前になります.

Xbox Seris S は次世代ゲーム機と呼ばれているものですね.はい.

www.xbox.com

詳しい説明は省略しますけど,Xbox One と互換性は保っています.たたし,kinect 端子はなくなったので kinect ゲームは使えなくなってしまいましたけどね.

最初は Series X にしようかなと思っていたけど,うちには 4k 環境もないし,とりあえず安い方でいいかってことで Series S を選びました.今になってみれば Series X を選んでおいた方がよかったかなとちょっとだけ公開していますけど.その理由は最後の方にでも.

で,Xbox One Series S.

箱はこんな感じ.

f:id:toshi-mtk:20210515022241j:plain

箱を開けるとこんな感じ.

f:id:toshi-mtk:20210515022251j:plain

本体はコンパクトですね.

f:id:toshi-mtk:20210515022304j:plain

端子はこんな感じ.Xbox One と比べると kinect 端子と HDMI in がなくなった感じかな.

f:id:toshi-mtk:20210515021905j:plain

縦置き用の足もついてますね.

f:id:toshi-mtk:20210515021915j:plain

フロント側は USB 1個とコントローラーのペアリングボタン.

f:id:toshi-mtk:20210515021946j:plain

コントローラ.

f:id:toshi-mtk:20210515022314j:plain

f:id:toshi-mtk:20210515022327j:plain

Xbox One X と比べてみても一回り以上小さいですね.

f:id:toshi-mtk:20210515021959j:plain

とまあこんな感じ.

初期設定は今時の感じでスマホを使って設定できました.マイクロソフトアカウントに紐付ける感じね.

One X からの移行は,インストールしてあるゲームを One X につなげてある外付け HDD に全部コピーして,その HDD を Series S に接続.あとはアカウントでログインして適当にゲームのアップデートを行うだけで終了でした.で,普段よくやるゲームは外付け HDD から内蔵 SSD に移動.One X は 4k 対応ですが,Series S は 4k 対応ではないので一部ゲームはダウンロードやり直している感じでした.

使ってみた第一印象は,これまでつかっていた Xbox One X とあんまり変わらない感じかな,
まぁ,基本的に上位互換だし UI も全く同じなので当然といえば当然ですね.

けど電源オンしたときの起動の速さや,ゲームの起動の速さ,クイックレジュームに対応しているのでゲームを中断・再開したときの早さは格別ですね.

キビキビと動作するので,一度 Series S を使うと One X には戻れなくなってしまいました,
本体が小さくて,動作音がほとんどしないのもいいですね.

内蔵 SSD の容量が 512G なのでちょっと小さいかな.今時の大容量ゲームだと数本入れるといっぱいだね.まぁ,本体価格との兼ね合いだから仕方ないかな.必要となれば増設用の内蔵 SSD もちょっとお高いですけど追加できるみたいだし.

www.xbox.com

しばらくつかっていてやっぱり HDD と内蔵 SSD だけだとちょっと心許ない感じだったので,今は USB の SSD も接続して使っています,よくやるゲームとは内蔵 SSD,たまにやるものを USB SSD,あんまりやらないのを HDD って感じで使っています.思ったより USB SSD が高速にアクセスできているので,今のところは内蔵の増設 SSD は必要ないかなといった感じ.

まぁ,その他の詳細な使用レポートはいろんなところにあるので,ここではちょっと変わったことを書いてみます.

Series S なので内蔵ディスクドライブがついていないってことで,PC 用の外付け USB DVD を接続してみました.

結果からいうと,DVD Video も,Xbox 360 のゲームもなーんも使えないですね.CD 再生も駄目.何のディスクを入れても認識しないです.ドライブ自体も認識されているのかどうかよくわからない挙動をしています.ということで,ディスクが必要な人は Series X を購入することが必要っぽいです.

ただし,私が試したときの状況がそういう状況だったという感じです.ファームウエアのアップデートなどで今後どうなるかは不明です.はい.対応してくれるとうれしいんだけど,まぁ,普通考えると対応してくれないだろうなぁとは思っています.

これがちょっと誤算だったかな.DVD ビデオくらいは見えるかなとちょっと期待してたんだけど.DVD 再生環境はほかにいろいろ持っているから,まぁ仕方ないかなって感じ.

また,Xbox One X では kodi をインストールして普段からメディアサーバーとして使っていたので,同様に Series S にも kodi をインストールしてみました.kodi 自体のインストールは MS ストアから普通にインストールできます.

使ってみた感じはなんとなく動作が不安定.再生している途中で画像が崩れて止まったりとか.スペックは One X よりも上なので不思議だなぁと思っていましたが,どうやら GPU アクセラレータが原因でおかしくなっているみたい.kodi のメニューからビデオ再生時の設定で「ハードウエアアクセラレーションを許可する - DXVA2」をオフにすることで手元のファイルは安定して再生できるようになりました.

とりあえずそんな感じ.

全体的には動作もキビキビになったので満足しています.値段の割にお得な感じ.

半導体事情で Xbox Series S|X も最近は品不足のようですが,品不足が解消した頃には Series X を買い増ししたいなぁなんて思っていたりします.

簡単ですけど Xbox Series S の使用レビューでした.