Plamo Linux 日記

Plamo Linux に関係することだけではなく,最近は一般的なコンピュータやガジェット関係についても記載してます.

Qbilinux 開発について(その49): パッケージを色々と更新

ぼちぼちと Plamo Linux 6.x のソース一式からブランチして,Qbilinux という linux ディストリビューションを作成.

いつまで続くのか.

いじってる Qbilinux のホームページは https://qbilinux.org/ に,ビルドスクリプトは https://github.com/qbilinux/qbilinux,バイナリは https://qbilinux.org/pub/ 以下にあります.

インストーラーの調整をしないといけないなぁと思いつつ,パッケージ更新をぼちぼちと.

gcc を 9.3.0 にしたり,kernel を更新したり.

で,新しい gnome がリリースされたのでついでにアップデートしようとしたら結構手間がかかりました.gnome 3.36.0 ね.

ビルドシステムが configure から meson に入れ替わっていたために結構な作業が.

glib/gtk も差し替えになるので依存関係で色々と芋づる式に他のツール類も更新する羽目に.

けど,依存関係を一新したせいか,かなり動作も安定したような感じ.

glibc も新しいものに更新してみましたが...,案の定,ぼろぼろになってしまったので元のバージョンに戻しました.glibc の更新は一回リリースを行ってからの作業かなぁ.

一応,gituhub の方と qbilinux-current の x86/x86_64 は更新を追従させておきましたが,arm まわりは徐々に追従させていきます.

そんな感じでぼちぼちと.