Plamo Linux 日記

Plamo Linux に関係することだけではなく,最近は一般的なコンピュータやガジェット関係についても記載してます.

Debian に PLEX TV チューナーカード PX-Q3PE4 + chinachu をインストール

過去に,「CentOS7 に PLEX TV チューナーカード PX-Q3PE4 + chinachu をインストール」「PLEX TV チューナーカード PX-Q3PE4 の linux インストール」などを書きましたがその続きみたいな感じで.

toshi-mtk.hatenablog.com

toshi-mtk.hatenablog.com

手元では PX-Q3PE4 を使っていますが,PX-W3PE4, PX-Q3U4, PX-W3U4 でも手順は同じかと思います.

今度は Debian 8 にインストールしてみました.CentOS がやっぱりなじめないってのもあります.クラウド上のサーバーとしては CentOS を使ってるけど,手元のマシンとしてはやっぱり使い慣れた Debian の方が好みなので....

手順としては Debian 8 を普通にインストールした後,ドライバーをインストール.

Plex のサイトから Debian8.0.0_64bit_kernel3.16.0-4.zip をダウンロードしてきて unzip で展開.あ,カーネルの最新版は linux-image-3.16.0-5-amd64 になりますけど,ファイル名の通り linux-image-3.16.0-4-amd64 を使う必要があるみたい.その辺りがちょっと気になるけど.まぁ仕方ないんですかね....

で,zip ファイル中に含まれる ko を

% cp tty_Virtual.ko usb-px4.ko /lib/modules/`uname -r`/kernel/drivers/video
% depmod -a `uname -r`

した後./lib/modules/3.16.0-4-amd64/modules.dep 中に

kernel/drivers/video/tty_Virtual.ko:
kernel/drivers/video/usb-px4.ko: kernel/drivers/video/tty_Virtual.ko kernel/drivers/usb/core/usbcore.ko kernel/drivers/usb/common/usb-common.ko

な感じで登録されていることを確認.

再起動してから lsmod / dmesg 等でドライバが読み込まれるようになっている & ハードウエアが認識されていることをチェック.

その後の chinachu のインストール方法とか,recpt1 の使い方とかは,過去に書いた「CentOS7 に PLEX TV チューナーカード PX-Q3PE4 + chinachu をインストール」「PLEX TV チューナーカード PX-Q3PE4 の linux インストール」あたりと同じ感じで作業すれば良いかと思います.chinachu 自体のインストール方法は,以前にも書きましたが,いろんなブログに書かれている内容とかだと最新に対応できていない場合があるので,公式のドキュメントを見ながらインストールするのが一番良いかと思います.

で,一通りでっち上げて普通に動作するようになりました.ふう.

あ,PX-Q3PE4 の安定性に関してですが,あんまりヘビーには使っていないですが,CentOS で 24 時間稼働していた範囲では特に問題なく使えていましたよ.はい.

簡単ですが,DebianPlex TV チューナーカード + chinachu をセットアップしたって話でした.

PLEX USB接続 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3U4
PLEX
PLEX
PLEX USB接続 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-Q3U4
PLEX
PLEX
PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4
PLEX
PLEX
8ch同時録画・視聴 PCI-Express型地デジ・BS/CSチューナー PX-Q3PE4
PLEX
PLEX