Plamo Linux 日記

Plamo Linux に関係することだけではなく,最近は一般的なコンピュータやガジェット関係についても記載してます.

Qbilinux 開発について(その67): armv7l/aarch64 版の 0.4.0rc 実行イメージ作成

Plamo Linux 6.x のソース一式からブランチして,qbilinux という linux ディストリビューションをぼちぼちと作成.

いつまで続くのか.

情報などを記載したホームページは https://qbilinux.org/ に,ビルドスクリプトは https://github.com/qbilinux/qbilinux,バイナリは https://qbilinux.org/pub/ 以下にあります.

armv7l/aarch64 の実行イメージを作成しましたので web サイトの方に置きました.ついでにバージョンを 0.4.0rc に変更しました.インストーライメージ自体は 0.4.0b2 と同じものです.

実行イメージはラズパイ4で動作確認しています.

インストールマニュアは下記を参照してください.

しばらく様子を見て,何もなければそのままリリースバージョンにする予定です.(週末くらいには...)

あと,サイトのディスク容量が足りなくなったので Plamo-nora-0.0-20170429, Plamo-nora-0.0-2017925 のディレクトリは削除しました.一応,iso イメージなどは置いてありますが,こちらもそのうちディスクが足りなくなったら削除する予定です.手元にファイルはありますので広大なディスク領域が手に入ったら復活するかもしれないですが,まぁ現状はこれ以上サーバー費用はかけたくないので多分復活はないかなぁと思います.

arm 版の方が片付いたら,いろいろと見つかっている不具合をぼちぼちと修正していく予定です.

とりあえずそんな感じです.