Plamo Linux 日記

Plamo Linux に関係することだけではなく,最近は一般的なコンピュータやガジェット関係についても記載してます.

qbilinux (a.k.a Plamo nora) 開発について(その20): x86 用の iso も作りました

ぼちぼちと Plamo Linux 6.x のソース一式を修正して,qbilinux という linux ディストリビューションを作成.

いつまで続くのか.

いじってる qbilinux のビルドスクリプトhttps://github.com/qbilinux/qbilinux,バイナリは https://qbilinux.org/pub/ にあります.

先日は x86_64/armv7l のみの iso/sd イメージを作った話を書きましたが,ついでに x86 版も作成しました.

https://qbilinux.org/pub/isos-current/qbilinux-0.3a1_x86_20190326_dvd.iso
https://qbilinux.org/pub/isos-current/qbilinux-0.3a1_x86_20190326_dvd.iso.sha256

x86_64/armv7l 同様.linux_firmware ファイルは含めていません.また udev を使っています.

いろいろと試していますが,現在の iso ファイルに関してインストーラーの既知の問題として下記があります.

  • 全体を eudev を使って作っているけど,インストーラーには eudev のかわりに udev を使っているので eudev のライブラリをリンクしているコマンド類が動作しない.(そのため mkfs.fat コマンドが動作しないので efi パーティションのフォーマットができない)
  • grub のインストールにこける.mbr は駄目.efi は未確認.
  • network I/F 名が Predictable Network Interface Names になるのでインストーラー中のネットワーク設定が効かない.

な感じかな.

NVMe なドライバを含めていない気がするので NVMe な SSD にはインストールできない問題もあるかも.

上記は徐々に修正していきますので,気長に待っていただけるとうれしいです.

64bit ARM のインストールイメージ作成作業は別途行っていますので,こちらも少々お待ちいただければと.パッケージビルドが一段落した時点でまとめようと思っています.

来週頭くらいまでには普通に使えるレベルのインストーラーが作れると良いなと思ってます.はい.

あ,ファイルを置いている qbilinux.org のマシンのハードディスクが足りなくなったので Plamo-nora-0.1 ディレクトリは削除しました.iso は残していますが,こちらも容量が逼迫してくれば削除します.はい.

簡単ですがそんなところです.