Plamo Linux 日記

Plamo Linux に関係することだけではなく,最近は一般的なコンピュータやガジェット関係についても記載してます.

Plamo Linux の野良パッケージ作成(その68): ARM 版 version 0.2 リリース

ぼちぼちと Plamo のソース一式を修正して,野良パッケージ (野良ディストリビューション?) を作成.

いつまで続くのか.

いじってる野良パッケージのビルドスクリプトhttps://github.com/t-matsuki/Plamo-mysrc,バイナリは https://circle2.org/pub/ にあります.

ARM 版を version 0.2 として締めました.一応,x86/x86_64 の version 0.2 リリース版以降に入れた修正にも追従させています.

で,ARM 版に対する制約は

  • Qtweb/WebkitGtk 関連のモジュールが入っていない.
  • Rustc/Firefox/Thunderbird が入っていない.
  • Libreoffice が入っていない.
  • 上記に依存するパッケージは当然入っていない.
  • contrib 以下のパッケージも一部入っていない.

な感じです.

インストーラーはほぼ 0.1 から変えていないので,インストール途中で日本語表示が文字化けする現象は 0.1 同様発生します.

ということで,イメージは

https://circle2.org/pub/isos/Plamo-nora-0.2_armv7hf_inst.img
https://circle2.org/pub/isos/Plamo-nora-0.2_armv7hf_inst.img.sha256
https://circle2.org/pub/isos/Plamo-nora-0.2_armv7hf_inst.txt
https://circle2.org/pub/isos/Plamo-nora-0.2_armv7hf_sd.img.xz
https://circle2.org/pub/isos/Plamo-nora-0.2_armv7hf_sd.img.xz.sha256

になります.

簡単な説明を https://circle2.org/pub/isos/Plamo-nora-0.2_armv7hf_inst.txt 中に記載していますが,_inst.img がインストーラ,_sd.img が実行イメージになります.

そんな感じですが,興味のある方はどうぞ.