Plamo Linux 日記

Plamo Linux に関係することだけではなく,最近は一般的なコンピュータやガジェット関係についても記載してます.

Mac の Users ホームディレクトリを別ディスクに移動してみたけど...

Mac の Users ホームディレクトリはこれまでデフォルト状態で /Users 以下で使っていました.けど,最近残り容量が少なくなってきて手狭に.

ということで,別ディスクに移動してみました.

別ディスクへの移動方法はホームページを検索してみるとたくさん出てきますが,ターミナルから /Users 以下のディレクトリを別ディレクトリにコピーして,念のためにリンクを張っておく.あとは Mac のユーザの環境を変更する感じの手順です.

備忘録代わりに,具体的に書いておくと xxxx ユーザーのホームディレクトリを /Volumes/data のディスクに移動させたい場合にはターミナルで

% sudo su
% ditto -v /Users/xxxx /Volumes/data/xxxx
% mv /Users/xxxx /Users/xxxx_old
% ln -s /Volumes/data/xxxx /Users/xxxx

その後,別ユーザーでログインし直して,システム環境設定を開いて設定.「ユーザーとグループ」を開いて,Users ディレクトリを変更したいユーザーを左クリックで「詳細オプション」を選択.ホームディレクトリを /Volumes/data/xxxx に変更した後,そのユーザーでログインし直せばオッケーです.念のためにログインし押す前に再起動した方が良いかもしれません.ditto コマンドでコピーするとリソースフォークがデフォルトでコピーされるみたいですね.「詳細オプション」が開けない場合には鍵マークをクリックして解除する必要があるかもしれません.

ということでホームディレクトリが広くなったーと喜んでしばらく使ってみましたが,なんだか動作がおかしい.OS の動作じゃなくて,特定アプリのね.

どうやらホームディレクトリが /Users 以下にあることが前提のアプリがあるみたいで,動作がおかしい物や,ひどいものはエラーになって立ち上がらない物すらありました.リンクを張っていてもダメみたい.うーむ.これらの不具合のあるアプリ類は結構頻繁に使う物なのでかなり不便.というか使い物にならない.ということで,結局元の /Users 以下にホームディレクトリを戻しました.

残念だなぁ.

昔の Windows だとこういうことがよくあったんだけど,Mac でもそういう行儀の悪いアプリがちょこちょことあるんですね.全然知りませんでした.あんまり覚えてないけど,Google 関連のアプリでも動作のおかしい物があったような気がします.

仕方ないので,ホームディレクトリ中の一部のファイルだけ別ディスクに移動して運用することにしました.そのうち,大きなディスク (SSD) を購入して置き換えたいなとは思うんだけど,費用が....

でも,/Users 以下に見えていれば良いだけならば,別ディスクを /Users 以下にマウントして運用すれば良いのかな?でも,アプリ毎に挙動が違っていたし,また変なトラブルになりそうだから,とりあえず大人しく当面はこのまま使うことにしようと思います....